模様編み込み画像

編み物用具の選び方

人形服用ニット作成に適した編み物用具を紹介します。編み物用具・手芸用品共・多種多様の製品が数多く出ていますが ブライス・モモコ・ジェニー等をはじめとする六分の一サイズの人形服を編むとなると、その用具も限られてきます。 厳選したおすすめの編み物用具・手芸用品をご紹介し、あなたの創作に役立てば幸いです。


編み棒の選び方はこちら
レース針・かぎ針の選び方はこちら

編み物の基本用具

編み物用具は裁縫用具と違い,あまり、道具を必要としません。最低限、必要なのは、編み棒と糸があれば、編み始められます。人形服を作るにあたり最適と思われる道具をご紹介します。

編み棒の選び方

編み棒のおすすめ素材は、竹製の編み棒、手に馴染み、使いやすいです。素材的には、鉄製・プラスティク製・竹製と 種類も豊富、金額もまちまちと迷うところですが、やはり、おすすめは竹製が一番、良質な竹の繊維に適度な 油分・ワックス等を染込ませた編み棒は、硬く糸滑りが良く、使えば使うほど手に馴染みます。

編み棒の選び方はこちらから

編み棒で編まれた商品はこちらからどうぞ!(商品一覧)

編み棒収納画像

使い始めの色白な編み棒が、長年の時を経て茶褐色になり、今では、愛着深い一品となっています。 人形服(ニット)のおすすめ品としては、編み棒サイズ0号~2号くらいが良いと思います。
尚、作家さんの編み棒ケース(わいるどたーきーてっ書いてるけど?)の底には、乾燥剤を入れて、定期的に入れ替えているそうです。編み棒は竹製が多く、やはり、湿気が大敵だそうです。竹は湿気で反り返りを起こしやすく、特に細い編み棒で編む人形服用(0号など)は要注意!お手入れ方法は編み棒の選び方で紹介してます。

メーデルで紹介している人形服(ニット)は、作家さんオリジナルの編み棒を使って編んでます。編み棒サイズで、0号以下!(約1mm)作家さんが市販品ではなく、オリジナルお道具を手作りして使っています。職人の道具!ちょっと驚きです。
一応、企業秘密なんだろうけど、作家さんの場合は、ぬいぐるみ用針を流用して、先の部分を丸く削り、糸が引っかかったり、糸が割れないように工夫しています。棒先キャップの代わりに3ミリビーズを使用しているようです。
関連記事はこちら

お手製編み棒の画像

レース針の選び方

レース針はレース糸、刺し子糸、極細毛糸など材料に透かし編みなどのレース(クロッシェレース等)を編む用途に使います。本体素材は金属製が多く、軽く耐久性があるものが望ましいです。人形服(ニット)作成においては、必需品です。(エッジング処理・スカラップ等に使用します。)

レース針・かぎ針の選び方はこちらから

編み棒で編まれた商品はこちらからどうぞ!(商品一覧)

人形服作品(レース針使用)画像人形服作品 背中ボタン留め(レース針使用)画像

実際に作家さんがレース針で作った作品です。様々な模様をその模様にあった太さのレース針を使い、巧みに編み上げ、組み合わせて作品が出来上がってきます。レース糸の細さから見ても、根気と時間が費やされているのが実感されます。

余談ですが、人形服の場合、前開き部分・後ろ開き部分をスナップボタンやベルクロなどで処理される事が多いですが、こちらのニットの人形服の場合は、レース針で、ボタンホールを作り、3mm丸ビーズをボタン代わりに使用しています。この点もこだわっているそうです。

人形服作品ジャケット(レース針使用)画像人形服作品 黒ドレス(レース針使用)画像

かぎ針の選び方

かぎ針は毛糸を材料に編みあげる道具です。レース針との違いは、レース針は極細の糸(レース糸)を材料に編み上げますが、かぎ針は毛糸を材料に編む事を前提にしています。尚、人形服を編む場合、編み棒と併用して作業に使います。尚、作家さん曰く、レース針、かぎ針の区別なく使用するそうです、境目があいまいなので、作業箇所に適していれば、レース糸、毛糸関係なく使うそうです。

作家さん余談:人形服作成には、レース針の12号~14号を使用しているそうです。尚、製作過程ではその前後の号数針を複数使い、その場にあった編み方を施して、作品を仕上げるとの事 関連記事はこちら

その他・便利な補助用具の選び方

人形服を編むにあたって必要だと思う脇役な道具をご紹介します。作品を仕上げる綴じ針やあれば便利なもの、代用が利きそうなものなど、
また、作品作製の経験から、役立つ豆知識等を織り交ぜてご紹介します。

その他・便利な補助用具の選び方はこちら

作家さんの余談:人間用の服を作るのと違い、人形用はサイズが小さい、その他用具も工夫を凝らして、自作したり、代用できる日常品を探して使っているそうです。

当サイトが参加しているランキング・検索サイト集です。たくさんのドール・人形系のサイトが登録され、人気サイトが検索できます。

S・R・C-ショップランキング-
バナー