人形服用 材料・毛糸の選び方

人形服(ニット)を作製するにあたり、適した材料・毛糸をご紹介します。普通のニットを編むのと違い、人形服サイズのニットとなると、それなりに毛糸が違ってきます。一般的に使われる太さ(並太、極太など)では、編み上がった人形服のサイズが大きく、見た目が悪い。(編み目柄が粗いので、縮小サイズのニット製品に見えない) などあげられます。このコーナーでは、人形服を編む際、毛糸の選び方を、ご参考にして頂ければ幸いです。

材料・毛糸の種類

人形服(ニット)を編むとなると、極細の毛糸、レース糸、刺し子糸などが挙げられます。番外編としては、細かい細工(モチーフなど)に縫い糸を使いレース編みなんて事もあります。

毛糸の選び方

ニットの選び方では、ウール100%の毛糸をおすすめします。アクリル混合の毛糸もありますが、編んでみると判りますが、手触り感、風合いが見劣りします。又、編んでいる時のキシィキシィとした感じで引きつる事があり、編みにくいところがあります。(ウール100%の方が滑らかで指に引っかかりにくい)

パピーNEW4PLY 毛糸の画像

どの手芸店でも、取り扱いしていて、おすすめな毛糸では、パピーのNEW4PLY(中細)が始め易いと思います。人形服にしては、多少、編み目が粗く感じるとは思いますが、粗い仕上がりを生かし、ざっくりとした質感のセーターなどに適しているんじゃないかと思います。編み棒サイズは2~4号あたりで挑戦してみてください。
NEW4PLYはヨリ糸が4本で構成されています。強度が強く、編み易い。一般的な細い毛糸のサイズ。人形服には、多少の難があります。見た目の粗さが気になる点。
取り扱いメーカー パピー 詳しくはこちらから

パピーNEW3PLY 毛糸の画像

初心者が人形服を編み始めるのに向いているタイプ。パピーのNEW3PLY(合細)、太さが細いと、編み目も増え、人形服の仕上がりも様になってきます。このあたりで馴れたら、その下のサイズで挑戦してみてください。
NEW3PLYはヨリ糸が3本で構成されています。編んだ面がきれいに揃いニットの雰囲気が出ます。
編み棒サイズは1~3号あたりが適しています。
取り扱いメーカー パピー 詳しくはこちらから

パピーNEW2PLY 毛糸の画像

NEW2PLYはヨリ糸2本の極細毛糸で、人形服の二ット製品を編むなら、これがおすすめです。編んだ時の仕上がりも、普通サイズと同じ様に編み目がきれいに見えます。極細なので、多少、編むのに神経を使う所があり、中級クラス以上の技術が必要だと思います。はじめはNEW3PLYあたりで慣らしてからチャレンジしてみてください。
編み棒サイズは0号~2号あたりで編みます。
取り扱いメーカー パピー 詳しくはこちらから

パピー キッドモヘアファイン 毛糸の画像

モヘア:kid Mohair fine、上記のNEW2PLYよりも、ちょっと細い極細の毛糸です。ストレートタイプと違い、芯の細い糸にフアフアな毛先が毛羽立った形状が特徴、ストレートな毛糸のような編み方でなく、少しゆるく編み、ニットにフワフワ感を出して編みます。この毛糸はモヘアの中でも、極細タイプなので、編むとなると、それなりに腕が要求されると思います。
自信のある方はお試しください。(力加減が難しく、細い糸が絡むと、中々ほどけない事があります) お値段的にも、多少高く、その分、仕上がりは上品なニットなどが編めますよ。
取り扱いメーカー パピー 詳しくはこちらから

パピー キッドモヘアファイン(新製品) 毛糸の画像

こちらのモヘアはkid Mohair fineの今年の新製品です。段染め極細タイプ。ロングピッチでの段染めなので、編み込む面積が大きい作品であれば、色調の変化が楽しい作品になると思います。こちらも多少、お値段が高いですが、仕上がった作品は段染めならではの良い雰囲気が出て、おすすめです。自信のある方はチャレンジしてみてください。
取り扱いメーカー パピー 詳しくはこちらから

ハマナカ エクセレントモヘア カウント10 毛糸の画像

人形服にフワフワ感を出したいなら、モヘアが最適! 極細のモヘアでおすすめなのは、エクセレントモヘア(COUNT10)
同じモヘアでも、メーカーが違えば、毛足の長さ、ボリュームの違いで編み上がり方が違います。編み易くおすすめです。
、ただ、これが必ず良いという訳でなく、自分が編みやすい毛糸を探す事も大切ですよ。 
取り扱いメーカー ハマナカ 詳しくはこちらから

DMC ウール刺繍糸 メディシスウールの画像

今回、ご紹介している毛糸の中で一番細い毛糸です。元々はウールの刺繍糸で、これでニットを編むということは普通しません。(作家さんは好んで使ってますけど、作業が大変、適した編み棒がないので、自作の編み棒(0号以下サイズ)で編んでます。特に、この糸は絶版の糸で、フランスの糸メーカーDMC社のウール刺繍糸(メディシスウール) 現在は手芸店でも、在庫がない状態です。作家さんはストックしてある糸で編んでいるそうです。)
取り扱いメーカー DMC 
関連記事はこちら

パピー 輸入綿糸スパンコール付きの画像

番外編ですが、このコットン糸は極細綿糸に極小サイズのスパンコールが付いています。製品のアクセント付けに縁や袖に一緒に編みこんで、目立たせたい時などに使います。輸入綿糸ですが、大きな手芸店で取り扱いしている場合があります。こまめに探してみてください。
取り扱いメーカー パピー 輸入綿糸 原産国 イタリア

製作途中画像(ハロウィーン用ドレス)

製作現場に潜入しました。
袖付けの作業途中で一枚。ぱちり!
黒のハロウィーン用ロングドレスを作製しているそうです。いつ見ても編み目が緻密ですね!
下には編み図が書かれてます。はっ!もしかして、これは!企業秘密では・・・
関連記事はこちらから

完成品の記念撮影!魔女に仮装したブライスが素敵です。
黒の3段ティアードスカートが雰囲気を醸し出しています。
赤毛のジェントルリバーが大変身といったところです。

ハロウィーン用ドレス完成画像

レース糸の選び方

レース糸の選び方としては、糸の太さが40番~80番のレース糸が人形服には適していると思います。
サイズ的には、もっと細いレース糸もありますが、編みやすさ、編みあがった人形服の編み柄の見え方が程よい感じにでます。(細すぎると、編み柄が小さ過ぎて、編み柄の印影がぼやける)
番外編・レース糸は基本、綿が主流ですが、夏素材・麻のレース糸、、アクセント付けとして金糸・銀糸(ラメ)のレース、高級感を出したいなら、シルクも良いです。

DMC 刺繍糸 スペシャルダンテルの画像

イチオシのレース糸としては、フランスの糸メーカー、DMC社のレース糸がおすすめ!色合い・風合いがとても良い。コルドネスペシャル#80は色合いが白、生成、ベージュがあり、外せない一品、また、カラータイプのレース糸 スペシャルダンテルは独特な風合いとエスプリが漂う色合いがとても好きです。色が豊富なのでお気に入りの色が見つかると思いますよ

オリムパス レース糸の画像

定番のレース糸・オリムパスのレース糸です。コットン100%で取り扱い安く、どの手芸店でも手に入ります。色が豊富で、ミックス色も人気があります。#40あたりが人形服に向いてます。

マンセル レース糸の画像

マンセルのレース糸、こちらは、オリムパスのクロッシェコットン糸のOEM版、手芸のユザワヤで発売されています。本家のオリムパスと比べると、質は同じで、値段がちょっと安くなっています。

ダルマ レース糸の画像

定番のレース糸、ダルマレース糸です。高級米国綿 100%の品質は、つや、光沢も良く、どの手芸店でも手に入ります。

ダルマ スーピマレース糸の画像

ス-ピマクロッシェは最高級のコットンレース糸です。素材に高級コットンのひとつで繊維の長い「超長繊維綿花」のピマ・コットンの中から,更に選ばれた最高級コットンが「ス-ピマ・コットン」 そのコットンを使って作られたレース糸です。「ス-ピーマ」とは=高級ピーマ(Superior Pima)の略語
取り扱いメーカー ダルマ

マンセル スーピマレース糸の画像

マンセルブランドのス-ピマレース糸、手芸のユザワヤで発売されています。OEM製造元は不明ですが、最高級コットンを使用して作られています。安価でおすすめです。

ダルマ ラメのレース糸画像

ダルマのラメレース糸(キュプラ80%、ポリエステル20%)アクセントに使うと効果的なレース糸です。他のレース糸と比べると、キュプラ独特の手触り感があり、編むのに、ちょっと苦労します。

ダルマ 麻のレース糸画像

ダルマの麻のレース糸(アイリッシュリネン100%)、麻独特の仕上がりは涼しげで、綿にはない風合いは外せない一品です。

NSR 刺繍糸の画像

各種刺繍糸も使えます。25番の太さがベスト、DMC、オリムパス、コスモなどが手に入り易いです。画像は手持ちのNSR/25番ラメ糸(絹32%ポリエステル68%)です。刺繍糸を編むとなると大変ですが、頑張って挑戦してみてください。

刺し子糸の選び方

刺し子糸については、本来、手芸の刺し子(木綿布に木綿糸で幾何学模様を織り込み、補強した手芸品)に使う糸を、人形服に使用します。特にこれといって選び方があるわけではないですが、気に入った色や風合いの糸を使ってもらえば良いと思います。刺し子糸(綿)独特の色、風合いが、レース糸、毛糸とはまた違った作品を生み出しています。和テイストが多少あり、面白いですよ。

オリムパス 刺し子の画像

刺し子糸の代表格的な存在・オリムパスの刺し子糸(細糸)です。綿100%の一本糸、意外としっかりした糸で強い引っ張りにも耐えられるのがポイントです。

オリムパス 刺し子(ミックス)の画像

刺し子糸のミックス・ぼかし糸もアクセントがあり、出来上がりが変化するところがおすすめです。

当サイトが参加しているランキング・検索サイト集です。たくさんのドール・人形系のサイトが登録され、人気サイトが検索できます。

S・R・C-ショップランキング-
バナー